清風堂書店グループ
清風堂書店 出版部
メニュー書籍情報

書店様へ お知らせ 自費出版サロン 会社・店舗案内 お問い合わせ

清風堂書店 出版部 清風堂書店トップ
リンク フォーラム・A 授業研究所 学力研 陰山英男オフィシャルブログ

   
 



 
     
  書籍詳細

書籍カテゴリー:未分類/自費出版


少年の日の名残り カバーデータ  
2013.07
少年の日の名残り

 

「戦争」の語り部たちが

少なくなったいまだからこそ、

遺しておきたい物語がある――。

 

戦前・戦中・戦後を11~13歳の多感な少年期において過した著者が、同じ時代を生きたひとたちに、そして「戦争下での暮らし」を知らない世代に語り部として記した一冊。

和歌山の紀北地方に暮らす12歳の少年・山下正二と、東京から単独疎開でやってきた11歳の橘にしきの淡い恋物語を軸に、当時の日常を淡々と描いていく。

 

「あのタヌキ先生の口車に乗せられ、特攻を志願して18歳あまりで死んでいった吉田鉄三兄さん可哀想や。あんな犬より劣るようなアホな先生が生き残りよって(中略)

――オレもこれからは、どんなことでも必ず反対からも考えたり、のぞいてみて、善悪の判断をしてやろう――<本文より>」

 

いま、この時代だからこそ、ひとりの語り部の声に耳を傾けたい。


ISBN978-4-88313-808-1

生地 米藏 著

四六判 256ページ

¥1,200+税

   
     

このページのトップへ