清風堂書店グループ
清風堂書店 出版部
メニュー書籍情報

書店様へ お知らせ 自費出版サロン 会社・店舗案内 お問い合わせ

清風堂書店 出版部 清風堂書店トップ
リンク フォーラム・A 授業研究所 学力研 陰山英男オフィシャルブログ

   
 



 
     
  書籍詳細

書籍カテゴリー:その他/未分類/自費出版


’z’n‹—¯’n‚Ì—¿—l_Ì—p  
2017.4
築地居留地の料理人――宣教師マダム・ペリーの料理レシピ126
これが西洋料理の事始め!?
明治16年、築地居留地宣教師館の
元サムライ料理人が遺した
開化の料理手引き126


明治前期の開化期に、東京・築地居留地で布教活動を行っていたマダム・ペリー。二人の姉妹が日常的に伝えた西洋料理レシピを、詳細に手帖に残していた料理人兼従僕がいました。嘉永3(1850)年生まれ、信州松代藩の元サムライ、野村高治。ご一新の時代に東京に出て、キリスト教宣教師の街頭説教に感銘を受けて入信し、料理人兼従僕として宣教師館に勤めた彼は、マダムからの126の西洋料理レシピを小さな手帖にまとめていたのです。

本書は、高治の孫が手帖を解読し、元新聞記者の曾孫が足跡を追ってまとめた貴重な一冊。
レシピ集は、「スープ」「魚」「牛肉・子牛・羊・豚」「鳥・獣」「野菜」「ソース」「菓子」「セーブリー&卵」の8つに分けられ、「ベチャメルソース」や「プラムプッディング」など今でも食卓で再現できるメニューのほか、「子牛の頭半分」「羊の腎臓四つ」、「豚生まれて三日以内のもの殺して間もなく用うべし…」など、現代の食卓では想像できないような豪快な料理も!

明治初期の築地居留地の風景や人々の暮らしぶり、そしてわが国の西洋料理がどのように伝わり、広がっていったのかも考察できる史料的な価値もある一冊。巻末には、早稲田大学 教育・総合科学学術院 複合文化学科教授・福田育弘氏の解説つき。
料理に関心がある人はもちろん、気軽に食卓でレシピを再現したい人も必読の書です。

⦿本書の内容⦿
◆築地居留地宣教師館料理人 野村高治とマダム・ペリーがいた時代
◆『明治十六年九月 西洋料理手引きの記』
  スープ拵え方/肴(魚)/
  牛肉 子牛 羊肉 豚/鳥 獣の類/
  野菜の類/ソースの類/
  菓子/セーブリー アンド 卵等
◆築地居留地の料理人のレシピ集から見えてきたもの
  開化西洋料理手引草(村上百合子)
  「野村高治」の追跡(村上隆)
  マダム・ペリーの報告書
  刀を包丁に持ちかえて(福田育弘)

ISBN978-4-88313-855-5 C0039

野村高治 著

村上百合子・村上 隆 編著

A5判・並製 148頁

¥1,700+税

   
     

このページのトップへ