清風堂書店グループ
清風堂書店 出版部
メニュー書籍情報

書店様へ お知らせ 自費出版サロン 会社・店舗案内 お問い合わせ

清風堂書店 出版部 清風堂書店トップ
リンク フォーラム・A 授業研究所 学力研 陰山英男オフィシャルブログ

   
 



 
     
  書籍詳細

書籍カテゴリー:自費出版


ヤドカリ考表紙HP  
2017.5
ヤドカリ考【森羅万象小考】―ヒトが少しでも幸せに、継続的に生きることが出来る生物になることを願って。―

本書は、弁護士である著者が、70年安保直後の大学で感じた、ヒトの営みの悲しさや苦しさ、弁護士となって目の前で繰り広げられる相互不信、欲望のぶつかり合い、その中で「ヒトとは、なにか?」を自然科学的にアプローチした論考である。

 

「ヒトの環世界という視点」「抽象化能力と同値類別の重要性」「抽象化能力と言葉の獲得の関係」「二次環境としての仮想現実」「欲求の分類」「寄る辺」「可知世界と不可知世界」「群れる生物としての特徴」といったキーワードをもとにヒトの本質に迫ろうと試みた。

 

エビの仲間のヤドカリが、なぜか死んだ貝の残した貝殻を利用するようになり、あげくに体まで変化し、貝殻なしでは生きていけなくなった“不利”な進化を遂げていることを通じて、ヒトをめぐる環境・進化を考えるところから始まる小考である。


ISBN978-4-88313-858-6

松葉 知幸 著

新書・並製 208頁

¥900円+税

   
     

このページのトップへ