清風堂書店グループ
清風堂書店 出版部
メニュー書籍情報

書店様へ お知らせ 自費出版サロン 会社・店舗案内 お問い合わせ

清風堂書店 出版部 清風堂書店トップ
リンク フォーラム・A 授業研究所 学力研 陰山英男オフィシャルブログ

   
 



 
     
  書籍詳細



ED8AE13E  
2014.07
国文学・国語教育に関する2つの論文ー「嘉村礒多 研究」と「文法学習の試論」

破滅型に属する私小説の一極北である「嘉村礒多」について、同じ山口県出身の著者が、礒多の生い立ちをたどりながらその作品世界を探る「嘉村礒多 研究」。長年 中学校で国語を教えてきた著者が、現代の国語教育の文法学習において「主語・述語」が「文」成立の必須の骨格成分であるという欧文語の構文論がなじまないのではという疑問を解明していった「文法論の試論」。

30数年にわたり、中学校の現場で国語を教えてきた著者からの2つの提言である。


ISBN978-4-88313-533-2  

著者:阿部武彦

A5判

 

\1,000+税

   
     

このページのトップへ